×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小倉・門司の画像

撮影日:2012/08/12(日)


JR西小倉駅
リバーウォーク最寄り駅


リバーウォーク北九州に面した通り


上の画像と同じ通り。左側の建物は、西日本工業大学のキャンパス。


小倉DCタワー
県内一の高層ビルで、140mを超す高さを誇る。


リバーウォークと小倉DCタワー


リバーウォーク北九州
商業施設デコシティや、朝日新聞・NHK・ゼンリンのオフィス、美術館などが入居する複合ビル。かつてはダイエーや玉屋百貨店などがあったが、再開発で現在のようになった。


井筒屋百貨店
北九州地元の百貨店。かつては博多や久留米、大牟田などにも店舗を構えたが、現在は市内に2店舗と山口方面に2店舗をもつ。


小倉城
このあたりを治めた小笠原氏の城。別名勝山城とも言われ、現在の天守閣は昭和34年に復元されたものである。


北九州市役所



水環境館
紫江'sという商業施設の地下に入居している。紫川のいきものなどについて展示してあり、入場無料。


井筒屋前



魚町商店街
北九州一の繁華街、魚町のアーケード街。銀天街と名付けた日本初の商店街で、銀天街発祥の地ともいわれている。







小倉駅前
多くの業務ビルや商業施設が立ち並び、100万都市の中心部といえる。



小倉駅
利用者が10万人を超える、山陽新幹線・鹿児島本線・日豊本線・日田彦山線とモノレールが乗り入れるターミナル駅。商業施設のアミュプラザ小倉が入居する。



小倉駅コンコース


小倉駅新幹線のりば



小倉駅北口


リーガロイヤルホテル小倉


あるあるCity
サブカルに関する店舗(アニメイト等)が入居するビル。漫画ミュージアムも入居している。


COLET井筒屋・アイム専門店街
かつての小倉そごう・伊勢丹の後継として入居している、井筒屋が運営するテナントビル。ファッションを中心に、ロフトなども入居。




門司港駅
駅舎として初めて重要文化財に指定された。1914年当時、関門トンネルがなく船舶輸送に頼っていた頃にできた駅舎なので、九州の玄関口にあたり、立派な作りである。


海峡ドラマシップ
関門海峡の歴史などについての展示がある施設。


ドラマシップ展望所から門司港レトロ地区方向


ブルーウイング門司
跳ね上げ式の橋で、船が通るためにこの構造が採用された。後ろに映るビルは門司港レトロハイマート。




門司港レトロハイマート展望所
地上31階の展望所から。当日は小雨が降っていたため、水滴が写り込んでいる。

トップページへ戻る